瓦辞書

瓦辞書か〜こ

●中付袖瓦(なかづけそでがわら)   ●なじみ土葺(なじみつちぶき)   ●並谷瓦(なみたにがわら
●二の鬼(にのおに)           ●布目瓦(ぬのめがわら)      ●軒瓦(のきがわら)
●軒巴(のきともえ)            ●軒丸瓦(のきまるがわら)      ●熨斗瓦(のしがわら)
●熨斗積(のしづみ)           ●登り窯(のぼりがま)

 

●中付袖瓦(なかづけそでがわら)
切妻屋根の破風部分に用いられる瓦で、妻側に垂れた部分を袖と呼ぶが、この袖が少し内側に付いているのが中付袖瓦である。

●なじみ土葺(なじみつちぶき)
瓦の葺き方は大きくは土葺(つちふき)と引掛葺き(ひっかけぶき)とに分けられるが、なじみ土葺は、引掛葺きのひとつで、瓦の谷の部分に葺土や漆喰を置いて、瓦の谷部分の調整を行うものでる。土を使わないから葺に比べ、瓦がずれる心配が少なく、また高さ調整ができるので仕上がりも美しくなる。

●並谷瓦(なみたにがわら)
谷部分に使う瓦で桟瓦(和瓦)用のものを並谷瓦と呼んでいる。並谷瓦は樋のような役目をする谷平瓦、その軒先部分に使われる谷先瓦、これらの上や谷板の上に載せられる谷筋違(たにすじかい)とその軒先の部分の谷口とがある。

●二の鬼(にのおに)
本瓦葺の屋根の隅の部分に付けられる鬼瓦。隅の先に置かれるのが隅鬼(すみおに)で、その上部に置かれるのが二の鬼である。入母屋・寄棟では隅棟全長の1/4(隅棟の長さによって異なる。)の位置に二の鬼が置かれる。

●布目瓦(ぬのめがわら)
平安時代までの瓦には、裏側に布の目がついている。これは木型から粘土を剥し易くするために、木型との間に布を挟んだからである。こうした瓦は布目瓦と呼ばれている。室町時代に入ると布目瓦はしだいになくなっていった。明人の一観が布の代わりに雲母粉(きらこ)を使う方法をもたらしたからである。

●軒瓦(のきがわら)
軒先に使用する瓦を軒先瓦、軒瓦と呼ぶ。また唐草瓦さらに略して唐草とも呼ぶ。
軒瓦は万十軒瓦、一文字軒瓦が一般的なもので、特殊なものとして木瓜剣唐草、垂剣唐草、花剣唐草、京花模様入唐草、京花模様入剣高唐草などがある。

●軒巴(のきともえ)
丸瓦の先に巴がついた瓦を巴瓦と呼ぶが、使用される部分で名称が異なる。一般には軒巴(のきどもえ)のことを巴瓦とも呼ぶ。
軒巴は、本瓦葺きの丸瓦の軒先部分や桟瓦の紐丸瓦の軒先で使われる。軒丸瓦(のきまるがわら)とも呼ばれる。

●軒丸瓦(のきまるがわら)
丸瓦の先に巴がついた瓦で、本瓦葺きの丸瓦の軒先部分や桟瓦の紐丸瓦の軒先で使われる。軒巴(のきともえ)とも呼ばれるが、最近では軒丸瓦と呼ばれることも多くなってきた。

●熨斗瓦(のしがわら)
棟積みに用いる平瓦で、厚熨斗、薄熨斗、紐熨斗などがある。熨斗瓦は割って使うので、中心部に割り易いように筋が入っている。

●熨斗積(のしづみ)
熨斗瓦を重ねその上に伏間瓦を載せる棟積みを熨斗積という。台熨斗積、割熨斗積、雨熨斗積などさまざまな種類がある。

●登り窯(のぼりがま)
瓦窯(かわらがま)の一種で瓦を積んで焼き上げる焼成部が階段状にした窯で、斜面に全長11m、幅1.6mほどのトンネルを30°ほどの傾斜でくりぬいてつくったもの。
日本の最古の寺とされる飛鳥寺の瓦窯として使われ、それ以後7世紀頃まで各地で使われた。7世紀以降は平窯が多く使われるようになった。

株式会社吉川商店
住所 : 兵庫県西宮市上甲子園4丁目2番5号
TEL : 0120-359-187
     0798-38-1200
FAX : 0798-38-1201
屋根工事瓦葺き替え屋根修理修繕リフォーム雨漏りはお任せ下さい!
【対応地域】
西宮市、尼崎市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、神戸市、三田市、大阪府、を中心に近畿一円対応!