瓦辞書

瓦辞書か〜こ

●役瓦(やくがわら)           ●役物(やくもの)             ●屋根(やね)
●屋根勾配(やねこうばい)       ●屋根面積(やねめんせき)       ●釉薬(ゆうやく)
●釉薬瓦(ゆうやくがわら)       ●雪止桟瓦(ゆきどめさんがわら)   ●寄棟屋根(よせむねやね)

 

●役瓦(やくがわら)
軒瓦、袖瓦など特殊な部分を葺く瓦を役瓦という。また役物(やくもの)、道具物(どうぐもの)とも呼ぶことがある。役瓦に対して一般の部分を葺く瓦を地瓦という。

●役物(やくもの)
役瓦のこと。役物の場合、瓦だけでなく建築では一般に使われている。特殊なもののことを役物という。

●屋根(やね)
雨露などを防ぐために建物の最上部に設けた覆い。屋根にはその形状から、切妻屋根、半切妻屋根、寄棟屋根、方形屋根、入母屋屋根、越屋根、片流れ屋根、陸屋根などがある。

●屋根勾配(やねこうばい)
屋根面と水平面のなす角で、その表示方法にはつぎのようなものがある。現在では(1)の表示方法が最も多く使われている。
(1)4.5/10勾配
底辺10に対して垂線4.5の勾配。
(2)4.5cm勾配
底辺10cmに対して垂線4.5cmの勾配。
(3)4寸5分勾配
底辺1尺に対して垂線4.5寸の勾配。

●屋根面積(やねめんせき)
勾配に応じた屋根の面積で、屋根坪、屋根面坪ともいう。屋根工事で坪いくらといった場合、この屋根面積当りの単価である。

●釉薬(ゆうやく)
素焼の陶磁器や瓦の素地の表面にかけて光沢を出し表面を滑らかにするためのガラス質のもの。うわぐすりともいう。釉薬にはせっ器質の粘土に合った長石を主体とした高温用のものと、一般瓦粘土に合った珪石を主体とした低温用のものとがある。

●釉薬瓦(ゆうやくがわら)
いぶし瓦に並ぶ代表的な瓦。乾燥工程の後、ガラス質のうわ薬である釉薬を施す事からこの名がある。成型・乾燥させた素地(しらじ)に釉薬をかけ、乾燥させた後に焼成させたもの。赤褐色、青緑色、うぐいす色などさまざまな色を出すことができる。

●雪止桟瓦(ゆきどめさんがわら)
雪がそのまま滑り落ちて、建物周辺に被害が出ないよう、雪止めを付けた桟瓦で、雪止めの形には、桟の上に突起を付けた駒型と谷の部分に付けた輪型などがある。

●寄棟屋根(よせむねやね)
4つの流れを組み合わせた屋根で、大棟の両端から四隅に降棟が降りている屋根。切妻屋根に比べてやわらかなイメージを与える。

株式会社吉川商店
住所 : 兵庫県西宮市上甲子園4丁目2番5号
TEL : 0120-359-187
     0798-38-1200
FAX : 0798-38-1201
屋根工事瓦葺き替え屋根修理修繕リフォーム雨漏りはお任せ下さい!
【対応地域】
西宮市、尼崎市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、神戸市、三田市、大阪府、を中心に近畿一円対応!