匠の工法

匠の工法 同じ瓦でも工法が変われば屋根の持つ機能が変わります

「2階が暑い」「雨の音がうるさい」「湿気がこもる」「予算をなるべく抑えたい」「台風や地震が心配・・・」などのお悩みを、職人の技術と当社の提案力で解決させていただいております。その「匠の工法」の一例をご覧下さい。

土葺き工法

日本古来の瓦葺き工法。土が接着剤の役割をしており15年から25年前後で土の接着性がなくなるため、葺き替え時期になる。
メリット … 断熱性がある。昔の台風対策
使用瓦型 … 本葺瓦、和型、S型
土葺き工法

引き掛け桟空葺き工法

従来の土葺きに比べ重量が約半分になる瓦のつめを桟木に引掛けて葺く工法。引掛け桟が腐ってなくならない限り縦ずれがしない。
メリット … 土が無いので軽い。土が無いので寒さに強い(凍てない)縦ずれが無い。
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型、F型2山、洋風型、輸入型、セメント型、ハイブリットPIF型、金属型
引き掛け桟空葺き工法

縦桟工法

引掛け桟空葺き工法に縦桟を加えた工法。縦桟により横ズレが少なくなり丈夫になる。縦桟工法用の瓦を使用することにより縦横のズレがしなくなる。
メリット … 土が無いので軽い。土が無いので寒さに強い(凍てない縦横のずれがない。
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、洋風型
縦桟工法

耐震耐風工法

軒先部に特殊釘もしくはビスで止めつける。ケラバ部に銅線、特殊釘、金具、ビス、接着剤のいずれかで留め付ける。棟部に金具とビスや銅線などで躯体と一体化になるように留め付ける。
メリット … 土が無いので軽い。寒さに強い(凍てない)。地震や台風に強い
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型、F型2山、洋風型、輸入型、セメント、ハイブリットPIF型、金属型FRP型、シングル型、スレート型
耐震耐風工法

本葺き工法

平瓦と丸瓦を土で葺く工法。主に社寺仏閣や大きい民家に見られる。かなり高級で重量感がある。
メリット … 高級感があり重量が大きい。
使用瓦型 … 本葺型
本葺き工法

本葺き一体化工法

従来の本葺きの瓦を一体化にし軽量化。作業工程が減り仕上がりが早い。見た目はほぼ変わらない。引掛け桟空葺き工法でより軽量化できる。
メリット … 瓦の数が少ない(軽くて施工が早い)。引掛け桟工法でさらに軽量化。
使用瓦型 … 本葺型
本葺き一体化工法

本葺きSS工法

従来の本葺瓦に細工して土を使わず乾式でビスにて施工する工法。耐震耐風も兼ねる。
メリット … 土を使わない。ビス留めで耐震耐風に効果がある。
使用瓦型 … 本葺きSS瓦
本葺きSS工法

カバー工法

化粧スレート、波型スレートを剥がさずアスベストを封じ込める工法。
メリット … アスベストの飛散がない。アスベスト処分費がかからない。工事が早い。
使用瓦型 … 和型、S型、F型、F型2山、洋風型、セメント型、ハイブリットPIF型、金属型、FRP型、シングル型、スレート型
カバー工法

面戸瓦工法

陸棟部や隅棟部、平行壁部の漆喰を塗ってある部分を瓦に変えることで漆喰なら10年から15年ごとに塗り替えるものをしなくてよくなりアフターメンテナンスの費用がかからない。メンテナンスフリー工法(工事後の悪質業者対策)。
メリット … 漆喰塗りが必要ない。アフターメンテナンスがいらない。
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型2山、洋風型
面戸瓦工法

通気工法

夏の暑さや冬の寒さや結露を抑える工法。
野地と屋根材の間に空気層を設けて棟から空気をぬく断熱効果や腐食をなくす工法。
メリット … 夏と冬が暮らしやすい。
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型、F型2山、洋風型、輸入型、セメント型
通気工法

通気断熱工法

夏の暑さや冬の寒さや結露を抑える工法。
野地と屋根材の間に空気層を設けさらに断熱材を入れ棟から空気をぬく断熱効果があり通気工法より涼しい工法。
メリット … 夏と冬が暮らしやすい。
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型、F型2山、洋風型、輸入型、セメント型
通気断熱工法

野地通気工法

夏の暑さや冬の寒さや結露を抑える工法。
野地の間に空気層を設けて、軒先から空気を取り入れ、棟から空気をぬく。
断熱効果や野地の腐食をなくす工法。
メリット … 夏と冬が暮らしやすい。野地板が腐りにくい。
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型、F型2山、洋風型、輸入型、セメント型、ハイブリットPIF型、金属型、FRP型、シングル型、スレート型
野地通気工法

外断熱工法

野地のうえに断熱塗料を塗ったり、野地の間に断熱材をはさみ込むもの、遮熱シートと空気層を使ったもの等々、夏の暑さや冬の寒さを軽減する工法。

メリット … 通気工法より夏と冬が暮らしやすい。
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型、F型2山、洋風型、輸入型、セメント型、ハイブリットPIF型、金属型FRP型、シングル型、スレート型
外断熱工法

ポリフォーム工法

特殊接着材を使用して瓦を留め付ける工法。土葺きの現在版工法。
紫外線に当らなければ半永久的に持つ見込み。
(米国、南米、中南米、カリブ海、ヨーロッパにて15年以上の実績)
接着剤により耐震耐風の効果がある。
接着剤に多少の断熱効果がある。
アメリカでは風速80m超のハリケーンに耐えた実績があります。
詳しいデータは http://www.polyfoam.jp/
メリット … 台風や地震に強く軽い施工も早い
使用瓦型 … 本葺型、和型、S型、F型、F型2山、洋風型、輸入型、セメント型、ハイブリットPIF型、金属型、FRP型
ポリフォーム工法

↑このページの上へ戻る

株式会社吉川商店
住所 : 兵庫県西宮市上甲子園4丁目2番5号
TEL : 0120-359-187
     0798-38-1200
FAX : 0798-38-1201
屋根工事瓦葺き替え屋根修理修繕リフォーム雨漏りはお任せ下さい!
【対応地域】
西宮市、尼崎市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、神戸市、三田市、大阪府、を中心に近畿一円対応!